立憲など野党が臨時国会召集を要求へ 旧統一教会問題で審議必要

有料記事立憲

小手川太朗
[PR]

 立憲民主党は17日、憲法53条に基づき、臨時国会召集に向けた要求書を衆参両院議長に提出すると発表した。「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と政治の接点が相次いで明らかになるなか、国会審議が必要として野党内での調整を続けていた。

 立憲によると要求書は、共産…

この記事は有料記事です。残り255文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年8月18日0時1分 投稿
    【視点】

    憲法53条は「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない」 と定めていますが、「いつまでに」という規定はありません。このため、通常国会や臨時国会がいつかは開かれることになるという理屈から、政

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]