総額5100万円コンサル料は「賄賂」 特捜部、便宜の見返りと判断

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピック大会から約1年。「世界最大のスポーツの祭典」をめぐり、大会運営を担った組織委員会の元理事が汚職事件で逮捕された。ブラックボックスとされてきた巨額の五輪マネーはどこまで解明されるのか――。

 東京地検特捜部は今年に入り、「企業が集い、大きな金が動く」(検察幹部)東京五輪・パラ大会をめぐる様々な企業のカネの流れに着目し、捜査を始めた。

 このなかで、大会スポンサーだった紳士服大手「AOKIホールディングス」側と、大会組織委元理事の高橋治之容疑者(78)とのつながりを把握した。

 捜査のポイントは、資金提供の趣旨と組織委理事の職務権限だった。

連載「五輪の闇」(全2回)はこちら

 電通元専務で、東京五輪・パラリンピックの大会運営を担った組織委員会の元理事らが汚職の疑いで逮捕された。ブラックボックスと称される巨額の五輪マネーの「闇」を、検察はどこまで解明できるのか。

毎月100万円を基本とする「コンサル料」

 高橋元理事のコンサルタント…

この記事は有料記事です。残り1352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!