秋葉国家安全保障局長が訪中へ 外相会談キャンセルからの修復探る

有料記事

野平悠一、北京=冨名腰隆
[PR]

 秋葉剛男国家安全保障局長が中国共産党の楊潔篪(ヤンチエチー)政治局員と会談することが分かった。17日に訪中したとみられる。日中双方の外交筋が明らかにした。日中は、4日に予定されていた外相会談が直前に中止され、溝が深まっていた。日中国交正常化50周年が9月に迫る中、外交関係の再構築に乗り出した形だ。

 複数の外交筋によると、会談場所は天津を予定している。秋葉氏と楊氏は今年6月、電話協議を行い「意思疎通のチャンネルの重要性」を確認した。中国外務省の汪文斌副報道局長は17日の定例会見で会談を行うかどうかの言及は避けつつ、「中日間には複数の対話・意思疎通のチャンネルがある。(楊氏と秋葉氏の)ハイレベル政治対話も含まれる」と述べた。

 日中両国は、4日に林芳正外…

この記事は有料記事です。残り636文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    坂尻信義
    (朝日新聞編集委員=国際政治)
    2022年8月18日11時58分 投稿
    【視点】

    秋葉剛男国家安全保障局長は、2006年10月に当時の安倍晋三首相が就任後まもなく中国を訪問し、胡錦濤国家主席、温家宝首相、呉邦国全国人民代表大会常務委員長と会談、「戦略的互恵関係」を構築することで一致したときの外務省中国課長でした。同年9月