国連事務総長、ウクライナで穀物輸出問題など協議へ トルコ訪問も

有料記事ウクライナ情勢

ニューヨーク=藤原学思、キーウ=金成隆一
[PR]

 グテーレス国連事務総長が18日にウクライナ西部のリビウを訪問し、ゼレンスキー大統領とトルコのエルドアン大統領と三者会談をする。国連のデュジャリック報道官が16日、会見で明らかにした。ロシアによる黒海封鎖で滞っていたウクライナからの穀物の海上輸出が国連とトルコの仲介で1日から再開されており、状況を話し合う。

 ゼレンスキー氏が招待したという。ロシアが会談に入っていないことについて会見で問われると、デュジャリック氏は、グテーレス氏はロシアのショイグ国防相との15日の電話協議で穀物輸出について話し合っており、問題にはならないとの認識を示した。

 グテーレス氏とゼレンスキー…

この記事は有料記事です。残り468文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!