第17回ビールが進む、セルフ焼鶏 ディープで猥雑なムードでグビリ

有料記事

柴田くみ子=ライター
[PR]

■YONEZAWA鶏NIKUTEN(大阪)

 韓国の雑貨や食品を売る店がひしめく鶴橋市場を通り抜け、商店街も終わりに差し掛かる頃、不意に現れるイマドキな立ち飲み風の店。カウンターの上で煙を上げているのは鶏肉だ。

 ここは、焼肉スタイルで鶏を焼くセルフ焼鳥店。北新地で予約の取れない店として人気の『焼鳥YAMATO』の系列で、オーナーの川口伸さんが昔から可愛がってもらっていた『米澤精肉店』の跡を、仕込み場兼セントラルキッチンとして借り受けた場所。

 カーヴには高級ワインが並び、熟成庫や研究のための最新機器など、あらゆる道具を備えた川口さんのラボでもある。

 なので、食材は『焼鳥YAM…

この記事は有料記事です。残り402文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載厳選推し店 あまから手帖×朝日新聞(全100回)

この連載の一覧を見る