特養の81歳女性死亡、元職員逮捕 傷害致死の疑い 愛知県警

有料記事

良永うめか
[PR]

 昨年3月に名古屋市緑区大高町の特別養護老人ホーム「緑生苑」に入所していた高齢女性が病院搬送後に亡くなった事案があり、愛知県警は17日、この特養の元職員福島栄行(ひでゆき)容疑者(34)=同区鳥澄2丁目=を傷害致死の疑いで逮捕した。「あってます」と容疑を認めているという。

 捜査1課と緑署によると、福島容疑者はこの特養内で昨年3月5~6日、短期入所していた角谷三枝子さん(当時81)=同区鳴海町=の両足や背中、腰を蹴るなどの暴行を加え、翌7日に搬送先の病院で外傷性ショックで死亡させた疑いがある。

 関係者によると、角谷さんは搬送前、「ポコポコたたかれた」「足が痛い。頭が痛い」などと訴えていたとされる。全身に内出血があり、顔色も悪かったことなどから病院に搬送され、両足すねの骨折が判明。だが、直後の司法解剖では死因は特定されなかった。

 県警は遺体の状況などから…

この記事は有料記事です。残り657文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!