イスラエルとトルコ 「完全な外交関係」復活で合意 大使派遣再開へ

有料記事

エルサレム=高久潤、イスタンブール=高野裕介
[PR]

 イスラエル首相府は17日、パレスチナ問題をきっかけに冷え込んでいたトルコとの外交関係について、完全に回復させることで両国が合意した、と発表した。2018年以来、途絶えていた大使の派遣を再開させる。

 イスラエルのラピド首相は声明で、両国の関係が「完全な外交関係」に格上げされることについて、「経済、貿易、文化面での関係の深化、地域の安定の強化に資する」とした。また今回の合意は、これまでの首脳会談など「前向きな進展」を踏まえて決定した、と説明した。

 トルコのチャブシュオール外相は同日、駐イスラエル大使の任命を発表。「任命は、正常化に向けた一環だ」と述べて歓迎した。

 両国は近年、関係改善に向け…

この記事は有料記事です。残り733文字有料会員になると続きをお読みいただけます。