デザイナーの森英恵さんが死去 戦後のファッション界先駆け 96歳

 戦後のファッション界の先駆けとして、国際的な評価を得て活躍したファッションデザイナーの森英恵(もりはなえ)さんが11日、東京都内の自宅で死去した。96歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男顕(あきら)さん。後日、お別れの会を開くという。

 島根県出身。戦後間もない1951年、東京・新宿に洋装店「ひよしや」を開いた。65年にニューヨークで国際デビューし、布地をチョウやクジャクの派手な色模様に染めたパーティー用のドレスなどを披露した。77年にはパリに進出。世界で最高級の仕立て服のデザイナーとして、東洋人で初めてパリ・オートクチュール組合の会員になった。ブランド「ハナエ・モリ」は、プレタポルテ(高級既製服)としても発展。04年に引退し、設立した財団で若いアーティストの支援などに携わった。