秋葉国家安保局長が訪中 「建設的かつ安定的な関係」の実現へ一致

有料記事

野平悠一、北京=林望
[PR]

 秋葉剛男国家安全保障局長は17日、中国・天津で、中国共産党の楊潔篪(ヤンチエチー)政治局員と約7時間会談し、ペロシ米下院議長の台湾訪問をきっかけに緊迫化する台湾情勢などについて議論した。日本政府が18日に発表した。秋葉氏は、中国が日本近海に弾道ミサイルを落下させたことなどについて抗議。一方、両氏は昨年10月の日中首脳電話協議で一致した「建設的かつ安定的な関係」の構築に向けて、「双方の努力で実現していく」との認識で一致した。

 国家安全保障局によると、会談は中国側の要請で行われた。台湾情勢をはじめ、ロシアのウクライナ侵攻や、北朝鮮の核・ミサイル問題について協議。秋葉氏は中国の軍事演習について「我が国の安全保障および国民の安全に関わる重大な問題だ」との立場を伝えた。

 中国の国営新華社通信による…

この記事は有料記事です。残り330文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!