岩下志麻さん「楽しかった思い出しか」 親交あった森英恵さん悼む

細見卓司
[PR]

 世界的に活躍したファッションデザイナー、森英恵さんが11日に死去したことを受け、各界から惜しむ声があがった。小津安二郎監督の映画で出会って以来、個人的にも親交を深めた俳優の岩下志麻さんは「本当に素晴らしい方でした」と悼んだ。

     ◇    ◇

 小津先生の「秋刀魚の味」(1962年)に出演した際に、森先生が衣装デザインを手がけたこともあり、初めてお目にかかりました。小津先生は生地から選ぶのですが、それに合わせて、とにかく丁寧な衣装作りをされる方なんだということが印象に残っています。

 それ以降、森先生とはプライベートでお付き合いするようになりました。

 私は普段、古い洋服は処分しがちですが、森先生の服は昔のものであっても、多く手元に残っていますし、一時期は私が着る服のほとんどが、森先生がデザインしたものでした。黄色や緑、赤など、色使いがとてもカラフルで、デザインも斬新かつエレガント。非常に華やかで私が大好きなものばかりでした。

 森先生が90歳になる頃まで、毎年1回は食事を一緒にしていました。細かな気配りと醸し出される優しい空気感、非常にユーモアもあって、本当に楽しかった思い出しかありません。

 映画でも一時代を築かれましたが、本当にファッション界のパイオニアとして素晴らしい衣装を作られたと思います。(細見卓司)