チーム初安打・好救援…愛工大名電・山田「やりきった、後悔はない」

[PR]

(18日、第104回全国高校野球選手権大会準々決勝 愛工大名電2-6仙台育英)

 愛工大名電の4番山田が投打で奮闘した。先発の有馬、2番手岩瀬が打ち込まれて三回途中から救援。「楽しんで投げよう」。試合終了まで投げ抜き、1失点でしのいだ。打っては五回にチーム初安打、九回は右越えの適時二塁打。昨夏の甲子園は初戦敗退だったが、今年は41年ぶりに8強入り。「やりきった、後悔はないという気持ちが大きいです」と笑顔だった。