米台、新たな貿易協定の交渉へ 今秋からスタート 中国に対抗

有料記事

ワシントン=榊原謙
[PR]

 米通商代表部(USTR)は17日、台湾との経済協力の強化に向けた交渉を今秋に正式に始めると発表した。デジタル技術や脱炭素などの11分野を想定。巨大な消費市場を背景に、外資企業に技術・知的財産の移転を促す中国に対抗する狙いがある。

 重点的に交渉する11分野は、貿易を円滑に進める具体策をはじめ、デジタル貿易の推進、サプライチェーン(供給網)からの強制労働の排除など。

 バイデン米政権は5月、イン…

この記事は有料記事です。残り263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!