ビル・ゲイツ氏に2年越しの旭日大綬章 林外相が手渡し

野平悠一
[PR]

 来日したマイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏は18日、外務省林芳正外相と面会した。2020年に受章が発表されていた、旭日大綬章が2年遅れでゲイツ氏に手渡された。新型コロナウイルスの拡大による影響などで受け取りが延期となっていた。

 ゲイツ氏は元妻と創設した「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」の共同議長を務め、感染症対策に取り組んでいる。保健分野で日本の国際貢献の向上に寄与したことが評価され、20年春の叙勲で受章が発表された。

 林氏は面会で、「長年にわたり国際保健分野で多大な貢献を行ってきている」と謝意を伝えた。ゲイツ氏は「日本と連携し、引き続き貢献していきたい」と応じた。(野平悠一)