馬にまたがり武将気分 築城400年の福山城が体験型ミュージアムに

有料記事

西本秀
【動画】福山城が改修工事を終え、体験型ミュージアムに変身=西本秀撮影
[PR]

 今年で築城400年の福山城(広島県福山市)が、デジタル技術を活用した体験型ミュージアムに生まれ変わり、18日に内覧会があった。馬の模型にまたがり、合戦へ向かう武将の気分が味わえる「一番槍(やり)レース」などが楽しめる。福山藩が江戸幕府に築城を報告したとされる28日から一般公開される。

 福山城は、江戸幕府を開いた徳川家康らに仕(つか)えた水野勝成(かつなり)が1622年に築いた。「一番槍レース」は、大坂夏の陣などで先頭を切って戦ったという勝成の逸話にちなんだ。城内にはこのほか、火縄銃の模型で射撃を体験できる展示や福山の歴史を紹介する映像の上映もある。

 福山市は築城400年に合わ…

この記事は有料記事です。残り119文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!