和食充実のソウルでも恋しい…「吉野家の牛丼」がない理由

有料記事

鈴木拓也
[PR]

特派員メモ@ソウル

 ソウルの若者に今、和食が人気だ。ラーメンやとんかつはもちろん、1人20万ウォン(約2万1千円)以上の高級すし店などで、「おまかせ」を頼むのが「モシッタ(かっこいい)」という。コツコツ貯蓄しても、価格高騰のマンションは手に入らない。それなら、恋人や気の合う仲間とプチぜいたくを楽しもうというわけだ。

 和食が充実する韓国に暮らしていても、恋しくなる味がある。吉野家の牛丼だ。海外に973店舗(6月末現在)を展開する和食ファストフードの代表格だが、韓国には1店舗もない。同社によると、1996年にソウルに進出したが、わずか2年で撤退したという。なぜか。

 知人の韓国人たちに聞いてみ…

この記事は有料記事です。残り200文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!