天皇ご一家、静養見送りに 感染防止対策や地元への影響を考慮

多田晃子

 天皇ご一家は、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、那須御用邸(栃木県那須町)での夏の静養を見送る。ご一家の夏の静養の見送りは3年連続となる。

 宮内庁侍従職によると、ご一家は、新規感染者数が高止まりしている状況で、静養には御用邸内に職員が滞在することから感染防止対策を完全に講じるのが難しく、感染者が出れば地元にも迷惑をかけかねないことなどを十分考慮したと説明。両陛下は、感染拡大により様々な制約と不安を余儀なくされている国民が多数いることを案じ、全国各地で力を尽くす医療従事者や関係者に感謝と敬意のお気持ちがある中、自分たちの行動によって感染を発生させないようにとのお気持ちがあるという。また今月初旬から続く大雨被害で多くの人々が困難に直面していることも案じているという。(多田晃子)