• アピタル

汗の病気に理解を 8月28日は「汗の日」皮膚科医らが啓発イベント

[PR]

 8月28日は「汗の日」――。体温調節で重要な働きを担っている汗。その汗にかかわる病気や治療についての正しい情報の発信を目的として、今年、日本記念日協会に「汗の日」が新たに登録された。

 記念日は医学、衣服、運動、化粧や在宅看護といった様々な領域での発汗学の発展をめざす日本発汗学会の前身である発汗研究会が発足した1993年8月28日にちなんでいる。

 汗の病気には、日常生活に支障が出るレベルで汗が多い多汗症、反対に汗が出ず皮膚が乾き、高温の環境で生命が脅かされる無汗症などの疾患がある。また、「においが気になる」など、汗について悩んでいる人は多い。

 汗の病気と治療への理解を深めてもらおうと、8月28日午前10~11時、第30回日本発汗学会総会事務局がオンラインで市民公開講座を開催。医師と患者によるトークセッションもある。

 参加無料で、事前の申し込みが必要(https://register.3esys.jp/register/hakkan_220828/別ウインドウで開きます)。視聴についての電話問い合わせ先は平日の午前9時~午後6時、0952―97―9167。