正体隠した勧誘、献金数千万円 旧統一教会の被害「今度こそ対応を」

有料記事

[PR]

 「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」をめぐる問題に対応するため、関係省庁による初めての会合が18日に開かれた。

 「今度こそきちんとした対応を望みたい」。教団の問題に国が取り組む姿勢を見せたことに対し、献金トラブルを抱えた元信者の裁判を担当した渡辺博弁護士は、そう注文する。

 渡辺弁護士が担当した関東地方の80代女性は、1990年代に教団に入信し、2010年代後半に脱会するまで、数千万円を献金などにつぎ込んでいた。

 女性は、自宅を訪ねてきた信者から正体を隠されたまま勧誘されて入信。勉強会や会合で「先祖に悪い因縁があり、子孫に不幸が降りかかる」などと不安や恐怖をあおられた。「因縁を断つため」などと印鑑セットや仏像など次々と購入させられ、夫の退職金も献金にあてたという。

 高額な献金は、刑事事件をき…

この記事は有料記事です。残り366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]