元理事のコンサル料「五輪事業も含まれてた」 AOKI前会長ら供述

有料記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックをめぐる汚職事件で、大会スポンサーだった「AOKIホールディングス」の前会長・青木拡憲(ひろのり)容疑者(83)ら3人=贈賄容疑で逮捕=が、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で逮捕=側と結んだコンサルタント契約の業務内容について、「五輪事業も含まれていた」と供述していることが、関係者への取材で分かった。

 高橋元理事は「コンサル料は五輪と無関係」と容疑を否認しているが、東京地検特捜部は、スポンサー選定などでの便宜供与を念頭にコンサル契約が交わされたことをうかがわす重要な供述とみて捜査。計5100万円のコンサル料を賄賂と認定して調べている。

 関係者によると、青木前会長…

この記事は有料記事です。残り612文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    市田隆
    (朝日新聞編集委員=調査報道、経済犯罪)
    2022年8月19日18時26分 投稿
    【視点】

    東京地検特捜部が事件を立件するうえで重要な意味を持つ供述であることがわかる。 ただ、朝日新聞が入手した契約書の写しに記載された「経営全般のアドバイス」という包括的な内容を含むコンサルタント契約であったことを考えると、「コンサル料は五輪と無