「日本での女性解放の先駆者」 森英恵さん死去、仏米メディアも悼む

有料記事

国末憲人=ロンドン、荒ちひろ

 ファッションデザイナー森英恵さんの死去に対し、森さんが活躍したフランスや米国のメディアは追悼の記事を掲載した。

 ルモンド紙電子版は、森さんについて「パリのオートクチュール(高級注文服)の宮殿に最初に足を踏み入れた東洋人」と表現。その手法を「東洋と西洋の洗練度を融合させた」と評した。また、「日本での女性解放の先駆者」「手づくりの大切さを若い世代に伝えた」ともたたえた。

 フィガロ紙電子版は、森さんを「オートクチュールの名士として世界的に認められている」と紹介。「その足跡を、山本耀司氏、川久保玲氏、高田賢三氏、三宅一生氏らの偉人が引き継いだ」とつづった。

 米紙ニューヨーク・タイムズ

この記事は有料記事です。残り281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!