知床事故、新たに手提げバッグと骨?見つかる 沿岸を集中捜索

有料記事

平岡春人
[PR]

 北海道・斜里町知床半島沖で観光船「KAZUⅠ(カズワン)」が沈没した事故で、北海道警は18日、半島沿岸の集中捜索を始めた。今月14日に捜索ボランティアが啓吉湾付近で、人の頭蓋骨(ずがいこつ)とみられる骨などを発見したことを受けた。

 この日は骨が見つかった周辺を中心に、半島先端部の陸地を捜索した。ヒグマに襲われる危険があるためハンターが同行、約20人の警察官はクマよけの鈴やクマスプレーを携帯して歩いた。ヘリや警備艇も捜索に当たったが、道警によるとこの日、行方不明者の発見には至らなかったという。

 集中捜索は20日まで行われる。

 また、第1管区海上保安本部

この記事は有料記事です。残り172文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!