ケンカ、しがみつき…「必死すぎるネコ」投稿し放題 岡山でパネル展

雨宮徹
[PR]

 「必死すぎるネコ」の写真集で知られる猫写真家、沖昌之さんの作品のパネル展が岡山市内で開かれている。入場無料で、自撮りで収まろうが、セリフをつけようが、作品はSNSで投稿し放題。20日には沖さんのトークライブも予定されている。

 会場は岡山市北区中山下1丁目のクレド岡山の3階。夏休みも親子連れなどに足を向けてもらおうと、沖さんの写真56枚を展示中だ。ケンカをしているネコ、木にしがみついているネコ……それぞれの必死さが伝わる作品が並ぶ。

 塀の上で5匹の猫が「渋滞」している写真と、両方の前脚を壁にかけてぶら下がったネコの作品は、2メートル四方の特大パネルに拡大して展示されている。前に立つとネコの世界に入ったかのような写真が撮れる。

 ツイッターで公式アカウント(https://twitter.com/cp_cred別ウインドウで開きます)をフォローし、会場で撮影した写真に「#必死すぎるネコのつぶやき」をつけて、自由にセリフをつけて発信する大喜利も展開中だ。沖さん自身が審査員になり、優秀賞「クスッと賞」の5人にクレド岡山の2千円分の買い物券がプレゼントされる。

 9月11日まで。沖さんのトークライブは8月20日の午前10時20分~11時に予定されている。定員30人で応募フォーム(https://www.cred-okayama.com/event-apply別ウインドウで開きます)から申し込む。問い合わせはクレド岡山(086・212・2525)へ。(雨宮徹)