維新、どこへ向かう? 代表選候補者が討論、都構想に代わる旗印は

有料記事維新

新谷千布美
[PR]

 松井一郎代表の後任を選ぶ日本維新の会の代表選(27日開票)で、インターネット上での討論会が相次いで開かれている。党のあり方や、2度の住民投票で否決された大阪都構想の今後などについて議論が交わされている。

 立候補したのは、衆院議員の足立康史・国会議員団政調会長(56)=当選4回、馬場伸幸・共同代表(57)=同、参院議員の梅村みずほ氏(43)=当選1回=の3人。立候補には、約600人いる議員ら特別党員の推薦人が30人以上必要。馬場氏は国会議員51人を含む計306人、足立氏は地方議員と首長計39人、梅村氏は地方議員30人を集めた。

 維新代表選は、自民党総裁選立憲民主党代表選が国会議員票に比重を置くのと異なり、一般党員も同じ重みの1票を持つ。候補者は、有権者の97%を占める約2万人の一般党員への訴えに力を入れている。

 16日にあったネットテレビ…

この記事は有料記事です。残り1349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!