小倉競馬場に子どもも遊べる新エリア 乗馬、馬車、放牧場も

西田慎介
[PR]

 【福岡】JRA小倉競馬場北九州小倉南区)に6月、馬やポニーとふれあえる施設や子供たちの遊び場を備えた「サンシャインパーク」ができた。今月13日からは馬車の試乗も始まった。9月4日までの土日は第4回小倉競馬が開かれている。

 正面ゲートを入って右手に広がる屋外公園地区を整備した。パドックを模した1周120メートルの楕円(だえん)形リンクがある「おひさまホースリンク」ではポニーの乗馬、馬車の試乗(希望者多数の場合は抽選制)が楽しめる。馬の体調や天候によっては休止する場合がある。

 「ひだまり放牧場」では馬やポニーを間近で見ることができる。遊具もあり、空気で膨らんだ膜の上を跳びはねて遊ぶ「ふわふわドーム」(年齢や利用時間に制限あり)、足元から水やミストが噴き出す「ポンポン噴水」も。いずれも新型コロナウイルス感染症対策のため利用人数に制限がある。

 第4回小倉競馬では北九州記念(21日)や小倉2歳ステークス(9月4日)といった重賞レースが予定されている。また、サラブレッドたちが初めてレースを走る新馬戦も見どころの一つ。昨年9月5日の新馬戦(芝1800メートル)で勝ったドウデュースは、めきめき力をつけて今年のダービー馬になった。

 小倉競馬場お客様課は「来場については事前にネットでの指定席券、入場券のご購入がおすすめです」と話す。詳しくはJRAホームページ(https://www.jra.go.jp別ウインドウで開きます)で。(西田慎介)