第5回(経済気象台 夏の特別編⑤) 皆が希望を持てる経済

有料記事

[PR]

 岸田政権でも経済は重要な政策テーマである。首相は成長と分配の好循環を目指す「新しい資本主義」を掲げる。一方で外部の専門家はそれを新味に乏しいと断じ、労働市場改革や企業投資拡大などの構造改革を通じた成長を、改めて訴える。

 ただ、それで経済や自らの暮らしが良くなると信じる国民はおそらくいない。

 政府がいくら賃上げを求めて…

この記事は有料記事です。残り553文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント