「人間が嫌」「無礼な」北朝鮮と韓国が応酬 関係はあの頃のコピーか

有料記事

ソウル=稲田清英
[PR]

 韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)大統領が示した非核化の見返りに経済支援をする「大胆な構想」との提案について、北朝鮮が19日、「実現とはかけ離れた愚かさの極致」と一蹴する姿勢を明らかにした。韓国の政権交代を経て南北の対立は強まっている。

 「大胆な構想でもだめだとして、今後もどんな派手な構想を練って戸をたたくのかは知らないが、絶対に相手にしないとはっきり明らかにしておく」

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記の妹で、朝鮮労働党副部長の金与正(キムヨジョン)氏は18日付の談話でそう述べた。朝鮮中央通信が19日に伝えた。

 「大胆な構想」は尹大統領が15日に発表した。北朝鮮が核開発を中断して「実質的な非核化」へ転じれば、大規模な食料供給のほか、発電設備や港湾、空港、病院といったインフラ支援、農業の生産性を高める技術支援などを段階的に進めるという提案だ。経済制裁やコロナ禍などで苦境が続く北朝鮮の経済を「画期的に改善できる」とした。

 これに対して与正氏は、核開…

この記事は有料記事です。残り922文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!