• アピタル

新型コロナの全数把握見直し、「速やかに対応」 加藤厚労相、衆院で

有料記事新型コロナウイルス

神宮司実玲、枝松佑樹
[PR]

 新型コロナウイルスの感染者について、すべての報告を求める「全数把握」が医療機関や保健所の負担になっている問題で、加藤勝信厚生労働相は19日、衆院厚労委員会の閉会中審査で「速やかに対応したい」と述べ、現行の方法を見直す意向を明らかにした。指定する一部の医療機関だけに報告を限る「定点把握」の導入などを検討しており、月内にも方向性を決める方針だ。

 厚労委で野党から検討状況を問われた加藤厚労相は、「全数把握のもつ目的を維持しながら、いかに現場の負担を軽減するか。専門家の意見も聞いて、スピード感を持って結論を出したい」と答えた。

 感染症法の定めで、新型コロナの診断を出した医師は、すべての患者の氏名や連絡先などの情報を発生届として保健所に提出することになっている。政府や自治体は発生届をもとに感染状況を把握し、患者の入院の必要性も判断している。

 代替策としては、季節性イン…

この記事は有料記事です。残り336文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]