車内で業者側から現金100万円 東大阪市議を収賄罪で在宅起訴

[PR]

 大阪府東大阪市の学校給食配送業務の入札情報を漏らし、見返りに現金を受け取ったとして大阪地検は19日、樽本丞史・同市議(54)を収賄罪在宅起訴したことを明らかにした。同市の運送会社「御厨(みくりや)運送」の杉原幸太郎・元代表取締役(89)は贈賄罪で在宅起訴した。地検は2人の認否を明らかにしていない。

 起訴は10日付。起訴状によると、樽本市議は、東大阪市が昨年12月27日に一般競争入札を実施した学校給食配送業務について、公表前の予算額を教えたことなどへの見返りと知りながら、同7日に東大阪市内に止めた自動車内で、杉原元代表側から現金100万円を受け取ったとされる。元代表の指示を受けた別の人物が樽本市議に現金を手渡したという。市によるとこの入札の予定価格は非公表で、予算額の9億5千万円と同額だったという。

 2人は7月26日、大阪府警から大阪地検に書類送検されていた。