岬を彩るヒマワリ150万本まだ見ごろ 大分・豊後高田

貞松慎二郎
[PR]

 「花とアートの岬」として知られる大分県豊後高田市の長崎鼻で、ヒマワリが夏の日差しを浴びて咲き誇っている。NPO法人長崎鼻B・Kネットによると、約15ヘクタールの敷地に約150万本が咲く。今年は開花が早く、お盆前に全体の見頃を迎えたが、まだ十分楽しめる。スタッフは「今週末がおすすめです」。ヒマワリの油と種をトッピングした期間限定のソフトクリームを販売している。貞松慎二郎

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント