「ロシア軍に見つからぬようアニメ見た」夢見た来日、映画に願い込め

有料記事

松尾葉奈
[PR]

ウクライナ出身 アナスターシア・ファリレイーエヴァ監督

 国際アニメーション映画祭「ひろしまアニメーションシーズン2022」が広島市内で開かれている。短編アニメ「ぶらぶらタイガー」が入選したウクライナ出身のアナスターシア・ファリレイーエヴァ監督(22)がインタビューに、生きる喜びや作品に込めた思いを語った。(松尾葉奈)

 ――上映作品は日本を舞台にしたコマ撮りアニメですね。

 小さな頃からテレビで日本のアニメを見て、日本文化が大好きになり、想像の日本を舞台にしました。宮崎駿監督や新海誠監督が憧れなので、日本に来られて本当にうれしいです。

「電気を消して、小さな音で」

 ――監督の母国ウクライナは…

この記事は有料記事です。残り995文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!