公明2幹部、過去に旧統一教会系月刊誌の取材に応じる 「認識なく」

公明

[PR]

 公明党は19日、高木陽介選挙対策委員長と佐藤茂樹国会対策委員長が、過去に「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の友好団体が発行する月刊誌のインタビューを受け、記事が掲載されていたと発表した。一部の報道機関から指摘を受け、党として確認したという。

 発表によると、高木氏は選挙責任者として2010年3月号に、佐藤氏は安全保障部会長として1999年4月号にそれぞれインタビューが掲載された。いずれも各党の担当者を取材したいとの依頼があり、取材を受けたという。「両名とも、当時、旧統一教会系の雑誌であるとの認識はなかった」とし、謝礼は受け取っていないとしている。

 その上で「認識していなかったとはいえ、旧統一教会関連の雑誌と接点をもったことを反省している。国会議員として、社会的な問題やトラブルを抱えている団体や関連の団体との接触は控えるべきだと考える」とした。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]