三男への殺人罪で母を起訴 「家に2人きり」特定 2児殺害容疑事件

有料記事

大宮慎次朗、村上潤治
[PR]

 神奈川県大和市の自宅で2017年に1歳5カ月の三男を殺害したとして、横浜地検は19日、母親の上田綾乃容疑者(42)を殺人罪で起訴し、発表した。

 起訴状によると、上田容疑者は17年4月5日、自宅で三男の康生ちゃんの鼻や口を何らかの方法でふさぎ、窒息死させたとされる。捜査関係者によると、「やっていません」と起訴内容を否認しているという。

 神奈川県警によると、康生ちゃんには目立った外傷がなく、司法解剖の結果、死因は「不詳」とされた。捜査関係者によると、その後に鑑定を依頼した複数の医師が「低酸素脳症の疑い」を指摘したことから、死因を窒息死と特定した。康生ちゃんはのどにものを詰まらせた形跡がなく、突然死するような持病がなかったという。

 上田容疑者は当時、内縁の夫と次男、康生ちゃんとの4人暮らし。捜査の結果、事件当日の午後1時台から、119番通報した同2時40分ごろまでの間、自宅には上田容疑者と康生ちゃんの2人きりだったことを特定。これが、逮捕に踏み切る決め手の一つになった。

 県などによると、上田容疑者…

この記事は有料記事です。残り376文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!