「外で言っちゃいけない」教団側の支援秘密に 自民・宮島前参院議員

[PR]

 2016年の参院選で「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」の友好団体から支援を受けた自民党の前参院議員の宮島喜文氏(71)が朝日新聞の取材に応じ、その経緯や支援の実態を語った。今夏の参院選前にかわした安倍晋三元首相とのやりとりの内容も証言した。そこから浮かぶのは、選挙を通じた自民と教団側との深い結びつきだ。

 宮島氏は安倍氏の銃撃事件の後、複数回にわたって取材に応じた。宮島氏の陣営の複数の幹部らも別に取材に応じた。

 宮島氏は、12年から日本臨床衛生検査技師会(日臨技、東京都)の会長を務め、16年の参院選で初当選。改選を迎えた今夏の参院選では教団側からの支持が得られなかったことなどを理由に、すでに得ていた党の公認を辞退して立候補を取りやめた。

 宮島氏は16年の選挙で日臨技の政治団体などからの支援を受けていたが、「正直、当選できる自信はなかった」。そこで、公示日の直前、教団の友好団体「世界平和連合」からの支援を受けることになった。宮島氏の陣営では、平和連合の支援を「一部の陣営幹部のみが知るトップシークレット」と位置づけ、宮島氏は陣営幹部から「外でおおっぴらに言っちゃいけません」と忠告された。

 平和連合は朝日新聞の取材に「宮島氏の政策が我々の理念と一致したため、講演会を開催するなど選挙で支援した」などと説明。宮島氏は選挙期間中や選挙後に、平和連合や教団側と様々な接点を持っていくことになる。

旧統一教会問題

旧統一教会問題

2022年7月8日に起きた安倍晋三元首相銃撃事件をきっかけに、旧統一教会の問題に注目が集まっています。特集ページはこちら。[記事一覧へ]