第4回ストレスで猿は死に馬は餌に 占領された動物園、避難拒否した飼育員

有料記事ウクライナ情勢

デミディフ=疋田多揚
[PR]

 戦争を、動物園の動物たちはどう生き延びるのだろう。

 そもそも、誰が世話をしてくれるのか。

 ウクライナの首都キーウ(キエフ)から北に約40キロ。ロシア軍に35日間にわたって占領された動物園がある。

 トウモロコシ畑に囲まれた、デミディフ村の動物園。客は20人ほどで、レストランは閉店したまま。閉じられたパラソルが、バタバタと風音を立てる。

 キリンの区画に行くと、5頭のキリンに、オーガ・ザリツカさん(32)が木の葉のエサをあげていた。

 息子のイリヤくん(6)にも促したが、30センチ近く伸びる灰色の舌に、たじろいでいた。「僕のお気に入りは猫なんだよ」

【連載】戦時下の「ニューノーマル」 ウクライナ侵攻半年

ウクライナの首都キーウはロシア軍の激しい攻撃は免れました。人々は飲食や買い物など、侵攻前の暮らしを取り戻そうとしています。ただ、平穏に見える日常には戦争の影響が表れています。そんな現場を訪ねました。

 この園では、動物ごとに様々なえさを買うことができる。だから、客を見れば動物が寄ってくる。戦争前は、1日600人ほどが訪れる人気の園だった。

 園の名は「12カ月動物園」。文字どおり、2015年の開園以来、365日、市民を受け入れてきた。

 ライオンやサイ、ラクダなど、300匹が、広々とした敷地に暮らす。ウクライナ最大級の民間動物園だ。

 休園になったのは2月25日。

 首都攻略をめざすロシア軍が…

この記事は有料記事です。残り1242文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント