容疑の少女「自分の母と弟殺すための予行演習」 渋谷の母子刺傷事件

有料記事

大山稜 土舘聡一
[PR]

 東京都渋谷区の路上で20日夜に母子が刺されてけがをする事件があり、警視庁は21日、現場で取り押さえられた女について、埼玉県戸田市に住む中学3年の少女(15)だと発表した。捜査関係者によると、少女は「自分の母親と弟を殺すための予行演習だった。自分が人を殺せるのかを確かめるために女性2人を刺した」と話しているという。

 また、母親らを襲おうと考えた理由については「母親の性格に自分が似てきたのが嫌になり、母親を殺そうと思った。母親が殺されるのを弟が見るとつらいだろうから弟も殺そうと思った」と語っているという。

 少年事件課によると、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された少女は、20日午後7時20分ごろ、渋谷区円山町の路上で、パート従業員の女性(53)とその娘(19)に背後から近づき、包丁で切りつけて殺そうとした疑いがある。刺されたパート従業員の女性がその場で取り押さえ、駆けつけた警察官に身柄を引き渡した。女性は肩や腹、背中に、娘は背中や腕にいずれも約3カ月の重傷を負った。娘の傷の深さは約10センチで、腎臓に達していた。

 少女は母子と面識はなく、調べに「死刑になりたかった。たまたま見つけた女性2人を刺して殺そうとした」と説明。包丁で2人を刺したとみられ、他にも服のポケットにナイフ2本を所持していた。

凶器は「自宅から持ってきた」

 捜査関係者によると、少女は…

この記事は有料記事です。残り168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    江川紹子
    (ジャーナリスト・神奈川大学特任教授)
    2022年8月22日10時22分 投稿
    【視点】

     当初「死刑になりたかった。たまたま見つけた女性2人を刺して殺そうとした」と語っていた少女が、「自分の母親と弟を殺すための予行演習だった。自分が人を殺せるのかを確かめるために女性2人を刺した」とも語っている、という。  この2つの供述は、