34歳監督はまず大阪桐蔭を訪れた 仙台育英、日本一への1千日計画

有料記事

山口裕起
[PR]

 2018年1月。

 仙台育英の須江航監督は、1人で大阪に向かった。

 当時34歳。

 系列の秀光中の野球部を率いて全国優勝した経験があり、仙台育英の監督に就いたばかりだった。

 目的地は生駒山の中腹、大東市にある大阪桐蔭のグラウンドだった。外野の外に立ち練習を見学した。

 見学者がいることに気づいた西谷浩一監督(52)にバックネット裏に招かれると、質問攻めにした。

「1000日以内に全国制覇する計画を立てて明日から練習します」。100回大会で大敗した後、インタビューでそう公言した須江監督。そのときから始まった計画と軌跡をお伝えします。

 「指導する上で大切にされて…

この記事は有料記事です。残り1691文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント