「まるでエンピツ」新種の生物発見 「タナイス」って何の仲間?

有料記事

高室杏子
[PR]

 頭の先が黒く、上から見るとまるで鉛筆のような姿をした甲殻類の新種が、千葉県鴨川市の海岸で見つかった。北海道大学大学院理学研究院の角井(かくい)敬知(けいいち)講師(38)らが「エンピツナミタナイス」と命名し、論文を国際的な専門誌に発表した。

 角井さんによると、タナイスは海底や河口などにいる甲殻類で、体長は数ミリ~1センチ。エビのように頭部付近には触角、胸付近には一対のはさみのような脚があるが、体に六つの節があり、ダイオウグソクムシやワラジムシに近い特徴がある。

 エンピツナミタナイスは、波の穏やかな海中に生息し、体長は2~3ミリほどだ。全体的に半透明の甲羅に覆われており、目のある頭の先が黒く、節に平行して黒いボーダーが見えるのが特徴という。

 新種とわかったタナイスは2017、18年に鴨川市内の海岸の泥から発見された。角井さんと、当時研究室にいた大学院生だった岡本暢躍(のぶや)さん(26)が、体の構造や模様を顕微鏡で観察したり、DNA配列を調べたりした結果、すでに名前が付いている種とは異なっていることがわかった。

 新種は発見者が名前をつけることができる。命名のきっかけは、角井さんが「名前を決めたか」と岡本さんに尋ねたときの返事だった。「なんか鉛筆に似ている」

 和名のほか、世界共通の学名も鉛筆にちなんだ。ギリシャ語で鉛筆にあたる「molybi」とナミタナイスの仲間を指す「zeuxo」から、「ゼウクソ・モリビ(zeuxo molybi)」とした。

 角井さんは「岡本さんの発想…

この記事は有料記事です。残り667文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。