【時系列でわかる】ロシアのウクライナ侵攻半年 これまでの動き

有料記事ウクライナ情勢

[PR]

 ロシアがウクライナに侵攻して24日で半年がたちました。ウクライナ軍が南部で反撃に出る動きが目立っているほか、2014年にロシアが一方的に併合したクリミア半島では、ロシア軍の施設などで爆発事件が続いています。ただ、戦況の行き詰まりは変わりません。これまでの主な動きをまとめました。

2月

2月21日 ロシアのプーチン大統領が、ウクライナ東部で親ロシア派組織が名乗る「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立承認の大統領令に署名

  23日 ウクライナ全土に非常事態宣言

  24日 早朝、プーチン氏…

この記事は有料記事です。残り5865文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    服部倫卓
    (北海道大学教授=ロシア・東欧)
    2022年8月24日8時40分 投稿
    【視点】

    改めてこうして半年間の出来事を振り返ってみても、プーチン・ロシア大統領にとっては誤算続きの半年間だったと実感する。 だからといって、プーチンが反省したり、行動を変えたりすることは無いという点に、難しさがある。ロシアの政権幹部が表明する戦争