置き菓子販売のおまけじゃない グリコが始めた食の新事業は健康志向

吉田貴司
[PR]

 江崎グリコは22日、企業などのオフィスにお昼の弁当を配達するサービスを始めた。1食あたりの糖質を40グラム以下におさえたメニューがうりだ。健康志向の高い働き手のニーズをつかもうとの狙いだ。同社が弁当の配送を手がけるのは初めてという。

 サービスは「SUNAO(スナオ) デリバリー」と名付けた。メニューは日替わりの1種類。低糖質のパスタなどの主食と鶏肉や豚肉などのたんぱく質がとれる主菜、野菜サラダを組み合わせる。低糖質のパスタやお菓子を作ってきた知見を生かし、「メニューや調理方法の工夫で糖質を抑えながら食べ応えのあるランチに仕上げた」(同社)という。調理は外部の業者に委託する。

 サービスは法人の利用に限っており、月額料金と1食あたり約540円のランチ代金がかかる。アプリを通じて午前9時までに注文すると、昼までに職場に届く仕組みだ。職場向けの置き菓子販売事業「オフィスグリコ」の配送網を使う。

 大阪・梅田や新大阪のオフィス街からはじめて、今後、首都圏など全国に拡大するかを検討するという。吉田貴司