• アピタル

青森県のウェブ登録の陽性者8千人集計に反映されず 発生届は札幌へ

有料記事新型コロナウイルス

土肥修一
[PR]

 新型コロナで、青森県は23日、札幌市の医療機関に委託して3日から運用を始めた「県臨時Webキット検査センター」で陽性と判定された感染者8220人について、国の集計に反映されていなかったことを明らかにした。

 県や札幌市、厚生労働省によると、青森県の検査センターでは、重症化リスクの低い若い世代の有症状者から申請を受けて検査キットを送付し、札幌市内の医療機関が診断し、陽性者の発生届は、札幌市の保健所に出していた。

 感染症法では、医師は最寄りの保健所に発生届を出し、その保健所を管轄する自治体が国や知事に報告することになっている。このため、県は「法律にのっとって札幌市が公表、報告すると認識していた」と説明。毎日公表している1日の県内の感染者数に含めず、検査センターでの陽性者として別枠で公表していた。一方、札幌市は「あくまで青森県の感染者」として、公表していなかった。

 厚労省は各都道府県が発表し…

この記事は有料記事です。残り178文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]