法隆寺のお堂は誰が建てた? 太子慕って再建、世界最古の木造建築

有料記事

筒井次郎
[PR]

 法隆寺奈良県斑鳩町)の今あるお堂は、聖徳太子が建てたと思っていたら、違ったようだ。今月刊行された「新修 斑鳩町史 上巻」にこう書かれている。

 《(再建で)法隆寺は、同じ名称ではあっても、聖徳太子の建てた寺から、聖徳太子のための寺に変化したのである》

 どういうことなのか。寺を訪ね、文化財に詳しい平田政彦・斑鳩町教委生涯学習課参事(57)に聞いた。

 「創建は間違いなく聖徳太子ですが、目の前にある建物は、飛鳥時代の670年代から奈良時代にかけてできたと考えられています」

 太子が没したのは622年。実は太子が建てた法隆寺は「若草伽藍(がらん)」と呼ばれ、境内南側の跡地に塔心礎(とうしんそ、塔の心柱の礎石)が残る。通常は非公開。今年は、7月に寺が開いた公開講座「法隆寺夏季大学」で見学できた。

 日本書紀には、法隆寺は67…

この記事は有料記事です。残り672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。