11歳がロケット弾で死亡 ウクライナ高官「ただただ言葉がない」

ウクライナ情勢

[PR]

 ウクライナ中南部ドニプロペトロウスク州で24日夜、ロケット弾による砲撃で11歳の子どもが死亡した。ウクライナ大統領府のティモシェンコ副長官がSNSへの投稿で明らかにした。

 地元メディアなどによると、ロシア軍が同日夜、同州の広範囲にわたってロケット弾や対空ミサイルなどで砲撃を加えたとみられる。ティモシェンコ氏はSNSに「ロシアの人殺したちに弁解の余地はない。ただただ言葉がない」と記した。