新卒1年で「社会不適合者」の烙印 僕が年商30億円の大福作るまで

有料記事

加藤あず佐
[PR]

 「何者かになりたい」

 そう思ってたのに、新卒1年で「社会不適合者」の烙印(らくいん)を押された。でも今、「弁才天」で年商30億円のフルーツ大福を売る大野淳平さん(34)にとって、「不適合」こそが強みだ。

 スタートは「平凡」だった。

 地元、名古屋市の小学校の通知表は◎、○、△の3段階で、オール○。とりえがないのがコンプレックスで、丸を書き足して◎にした。

 あだ名は「ゼリー君」。友達にお弁当のゼリーをあげたのがきっかけだが、その名の通り、半透明な存在だった。

 反動で、中学、高校は思い切りとがった。パンクロックに憧れ、バンドを結成。金髪にし、改造した制服を着て、ギターケースに教科書を入れて通学した。

 とはいえ、勉強はそこそこやる。友人から「カリスマ」ともてはやされ、ファンクラブまでできた。

 「何者かになる。なれるはず」

 自信があった。明治大学に進んだ。

 でも、アルバイトもバンド活動も続かない。いざ、自由を得たら、何をしたいのか分からない。6畳のアパートに引きこもった。

新卒1年目、社長に浴びせられた言葉

 社会のレールを外れる勇気も…

この記事は有料記事です。残り1714文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント