• アピタル

全数把握、東京都は当面見直さず 小池氏「一人ひとりの患者大事に」

新型コロナウイルス

関口佳代子、久保田一道
[PR]

 東京都小池百合子知事は25日、新型コロナ感染者の全数把握を当面、従来通りの方法で続ける方針を明らかにした。感染者の急増で増した保健所や医療機関の負担を軽減する策として、政府が全数把握の簡略化を認める方針を24日に発表し、採否を自治体の判断に委ねるとしていた。

 小池氏は25日、都内の感染状況などを確認する都モニタリング会議で述べた。政府は、高齢者ら重症化の危険性が比較的高い人を除き、保健所への届け出情報を人数や年代に絞ることを認めた。しかし小池氏は、従来の方法は、都全体の感染動向や患者の状態を把握して医療につなげる機能があるとし、「一人ひとりの患者を大事にする」と述べた。

 一方、茨城県大井川和彦知事は25日の記者会見で、「大幅に現場の負担を抑えることができる」と述べ、準備ができ次第、方法を見直して簡略化する方針を示した。軽症者の容体急変時の対応などの課題を挙げ、国の方針を確認するとも述べた。(関口佳代子、久保田一道)

  • commentatorHeader
    米重克洋
    (JX通信社 代表取締役)
    2022年8月25日21時49分 投稿
    【視点】

    小池知事は前日の会見でも、現場の業務逼迫の原因として、HER-SYSと電子カルテシステムの連動など、行政のデジタル化の問題を指摘していた。「統計より目の前の生命を救いたい」といった発言をした知事もいたが、ある種安易に「統計or生命」といった

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]