技能実習生の受け入れ続ける寺 ベトナム人僧侶が日本に伝えたいこと

有料記事

中野渉
[PR]

 栃木県那須塩原市の民家で昨年11月、ベトナム人僧侶のティック・タム・チーさん(44)が「栃木大恩寺」を開いた。チーさんは埼玉県本庄市にある「大恩寺」の住職で、様々な事情で行き場をなくしたベトナム人技能実習生ら同胞を支えてきた。新たな拠点にも那須塩原市周辺の技能実習生らが集い、安心して過ごせる場になっている。

 チーさんは2018年1月に大恩寺を開き、劣悪な環境から逃れてきた技能実習生や、在留資格が切れ出入国在留管理局に出頭した人などを一時的に保護してきた。「在日ベトナム仏教信者会」の会長でもある。

 新たに栃木で寺を開くことに…

この記事は有料記事です。残り801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。