450年以上の歴史 夜空に映える歴史絵巻の大提灯

[PR]

 愛知県西尾市諏訪神社で27日、「三河一色大提灯(ぢょうちん)まつり」が始まった。450年以上の歴史があるとされる祭り。 神社の境内に掲げられた6組、計12張りの大ぢょうちんは、最大で長さ約10メートル、直径約5・6メートルにもなるという。

 周囲が暗くなりはじめた午後7時過ぎ、大ぢょうちんには次々とろうそくの灯がともされた。浮かび上がる歴史絵巻が夜空に映え、訪れた人はその姿に魅了されていた。大ぢょうちんは28日午後5時まで掲げられている。