内閣支持率が大幅下落 旧統一教会問題、支持層でも「評価せず」多数

有料記事岸田政権

[PR]

 朝日新聞社は27、28の両日、全国世論調査(電話)を実施した。岸田文雄内閣の支持率は47%(前回7月調査は57%)と大幅に下落。不支持率は39%(同25%)に跳ね上がり、昨年10月の内閣発足以来最高だった2月の30%を大きく上回った。政治家と宗教団体の「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」を巡る問題への岸田首相の対応について聞いたところ、「評価する」は21%で、「評価しない」は65%にのぼった。

〈調査方法〉 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、27、28の両日に全国の有権者を対象に調査した。固定は有権者がいると判明した659世帯から338人(回答率51%)、携帯は有権者につながった1419件のうち660人(同47%)、計998人の有効回答を得た。

 内閣支持・不支持を支持政党別にみると、自民支持層の内閣支持率は80%(同88%)だった。しかし、無党派層の不支持率は52%(同30%)で、これまで最高だった2月の36%を大きく上回った。

 政治家と旧統一教会を巡る問題への首相の対応については、内閣支持層も「評価する」は37%で、「評価しない」の48%の方が多かった。内閣不支持層では「評価する」は5%で、「評価しない」は89%に達した。

 安倍晋三元首相の国葬につい…

この記事は有料記事です。残り522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年8月28日22時31分 投稿
    【解説】

    内閣支持率が大きく下落しましたが、7月調査との差でみると10ポイント減。一方で、不支持率は14ポイントも跳ね上がっています。岸田内閣の特徴は、内閣支持率が6割を超えない一方で、不支持率がずっと3割以下にとどまり、低い状態が続いていたことでし

  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年8月29日7時26分 投稿
    【視点】

    安倍元首相の国葬については意見が割れました。賛成41%に対し反対50%。時の政権が国民の関心が高い問題で何かをやろうとするとき、私が世論調査で注目するのは賛成の数字です。3分の2(67%ぐらい)あればそう強い反発はないのではという感覚で、そ