身長低くても…女子のU20、なぜ強い? フル代表で現れる「差」

有料記事

照屋健
[PR]

 U20(20歳以下)の女子ワールドカップ(W杯)決勝が29日、コスタリカであり、日本はスペインに1―3で敗れた。

 初優勝を飾った前回大会に続く連覇は逃したが、米国やブラジルといった女子サッカー強豪国を破って2大会連続での決勝進出。確かな実力を示した。

 フル代表の「なでしこジャパン」が世界のトップから遠ざかる一方で、なぜ、日本のアンダー世代は結果を残せるのか。

 佐々木則夫・女子委員長が語っていた言葉がある。

 「発達の特徴なのか、海外選…

この記事は有料記事です。残り1006文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

  • commentatorHeader
    島沢優子
    (ジャーナリスト・チームコンサルタント)
    2022年8月30日11時10分 投稿
    【視点】

    今朝、時に会場で観戦してきたコスタリカでプレーしていた娘に、この記事を送って「A代表になったら現れる差」について今朝話しました。「スペインや他国の選手は集中力が続かないけど、日本の選手は訓練されている(怒られる)のでずっと集中できる」と精神