私も子どもを殺してしまうかも 家庭崩壊の危機、救ってくれた保育園

有料記事こぼれ落ちる子どもたち

久永隆一
[PR]

 待機児童が過去最少の2944人になっても、保育園は新たな課題に直面している。

 3年前の6月。この日も、いつもと同じ保育園へのお迎えのつもりだった。

 「かっかー!」。2歳6カ月の長女が元気よく、お母さんと呼びながら高浜沙紀さん(30)に駆け寄ってくる。

 近くに来た長女は、二つの人形を持っていた。一つは体の前で抱っこして、もう一つは背中におんぶして。

 長女の一つ年下には、双子がいる。

 そうか。私のまねっこをしているんだ。

 高浜さんの目から涙がポロポロと流れ始めた。

 2年6カ月の子育てで、やっと訪れた瞬間だった。「かわいい」。わが子が心の底から愛(いと)おしいと感じたのは、この時が初めてだった。

 「わが家を救ってくれたのは、間違いなく保育園です」。高浜さんは言う。

 2016年に長女は生まれた。

 この時から2年3カ月間、子どもは保育園にも幼稚園にも通えない「未就園児」や「無園児」と言われる状態になった。

国のルール→入園絶望的に

 高浜さんは孤立した育児を余儀なくされていく。

 当時住んでいたのは、東京2…

この記事は有料記事です。残り1573文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    末冨芳
    (日本大学文理学部教授)
    2022年8月30日14時48分 投稿
    【視点】

    超少子化の中、待機児童は過去最少になっていますが、虐待リスクのある親子は最少にはなっていません。 現代の子育ては、家族が孤立しやすく、子育ては何日も眠れなかったり、そんな中でも相談すらためらう状況があります。 コロナ禍の中で、そうし

こぼれ落ちる子どもたち

こぼれ落ちる子どもたち

虐待、貧困、性被害……。大人がつくった支援制度からこぼれ落ち、困難に直面している子どもたちがいます。今の国会では、「こども家庭庁」の設置法案などの審議が始まり、子ども政策の転換点を迎えます。今後、子どもたちに救いの手が届くのでしょうか。リアルな声とともに伝えます。[記事一覧へ]