万城目学ワールド全開、血を吸わない吸血鬼の物語「あの子とQ」

有料記事

野波健祐
[PR]

 吸血鬼は古今東西、人の想像力を刺激してやまない。いまなお新しい物語が作られる一方で、古い文芸作品にも光があたっている。(野波健祐)

血の欲求に目覚めた女子高校生の大冒険

 現代社会で吸血鬼が生きるのはたいへんだ。万城目学さんの新刊『あの子とQ』(新潮社)を読むとそう思う。人間社会に溶けこんだ吸血鬼の女子高校生の日常に非日常な騒動が巻き起こり、マキメ節全開の青春ラブコメ・アクション・ストーリーが展開する。

 「もともと別の企画で女子高校生を主人公にした話をと言われたんですけど、40代半ばの僕に女子の気持ちなんかわからない。どうせわからないならと思いついたのが吸血鬼。人間社会にどうなじむかといった悩みなら書けると思った」

 主人公の弓子は吸血鬼一家に育った高校生。人より夜目が利くし、身体能力も少々高い。ふだんは親友ヨッちゃんと学校生活を楽しんでいるが、17歳の誕生日の直前、「Q」と名乗るトゲトゲの物体が突然、部屋に現れ、こう言うのだ。〈脱・吸血鬼の儀式が終わるまで、お前が人の血を吸わないか監視に来た〉

 吸血鬼については通り一遍の知識しかなかった万城目さん。コッポラ監督の「ドラキュラ」や吸血鬼青春映画「トワイライト」などを見て、吸血鬼の行動パターンを抽出、オリジナルの設定を作り上げた。

 「吸血鬼が不思議なのは本能…

この記事は有料記事です。残り1485文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。